何気なくつけていたテレビで、林先生が女性たちに「幸せになる為には」という授業(?)をしていました。
東大に入るよりも、東大の中でのランク付けの方が大変だ、という話も「ほほー」って感じだったけど、
最後におっしゃっていた事が、すごーく腑に落ちました。

「やりたくないけど、できちゃう事」を仕事にしましょう。と。

それって、とっても男性的な考え方だなぁ、って思いました。
男の人ってやっぱり 仕事、って割り切るのがすごくお上手だな、って思っていて。
趣味とお仕事を分けている人、多いなー、って印象です。

でも、女性はやっぱり気持ちで仕事をする事が多い、ような気がするのです。
仕事が趣味!って言えるほど楽しめないと、やれない、みたいな。

ガッツリ仕事に触れるか、みんなの気持ちを大事にしながら仕事をしていくか。
そこの葛藤はもう、ずっとあります。
この2年くらい、ずっとある。

もちろん、バランスが取れれば最高ですが、常にその状態ではいれませんから。。。

実は、素のわたしは、とんでもなくドライで効率を求めるところがあります。
その辺は、自分でも男性っぽいな、って思うところです。

でも、それに触れすぎると冷たいと思われるんじゃないかな、とか。
女性経営者って、柔らかさがあった方が良いんじゃないかな、とか。
やりたくない事をやっても、辛いだけなんじゃないかな、とか。
やりたくない事って、お客さんにバレるんじゃないかな、とか。
まぁ、やりたくない事って飽きちゃうんだよな〜、とか。

「やりたい事をやらなければいけない」ということばかりに縛られて、本質を見失っていた気がするのです。


まぁ、この数ヶ月トラブル続きだったので、そんな事を考える隙もなく対処に追われているので(笑)
林先生のおっしゃってる事がすごーく、腑に落ちた、わけです。

結局、飾らずに、正直に、素のわたしで挑むしか、解決方法はないのだということが良くわかったので。
最近はかなりドライで効率と打算(?)を考えています。

もうひとつ、その中で林先生がおっしゃっていたのが。
「やれちゃうことに対して、人間は評価しない。努力していないと評価に値しないと思い込んでいる。
でも、自分が努力しなくちゃいけないこと、ってそれがやれちゃう人には敵わない。」

これも、納得です。
もっとシンプルに、自分がやれる事をつきつめる事が人の役にたつことに繋がるんじゃないかな、と思った夜でした。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⚫︎高品質なキッズドレスブランド「Cotori(ことり)」
http://cotori-dress.shop-pro.jp
⚫︎ かとうはとこのtwitter
https://twitter.com/cot_coto
⚫︎かとうはとこのnote
https://note.mu/hatocok
⚫︎メルマガ 1週間で起業家マインドになる!〜夢ある幸せ主婦のススメ〜
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGbXzbGEv
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・